プログラマーが達人になるための心構え

情報技術の分野でテクニックを極めることができるのがプログラマーの職業です。プログラミングの世界は奥が深く、技術には果てがありません。プログラム技術は突き詰めていけばまだまだ先があります。そこで、プログラマーの仕事を始める心構えとしては現状に満足しないのが大切です。技術の向上を諦めてしまうと、そこで成長はストップしてしまいます。もっと高度なプログラミング技術を身につけたいと思い続けることが、成長の手掛かりです。向上心を常に持ちプログラミング技術を追い求めているうちに、いつのまにか成長しているものです。なろうと思って優れた技術者になれるわけではありません。プログラミングを極めたいという飽くなき探究心が、達人とも言えるような優れたプログラミング技術者を生み出します。
プログラマーとして大成を目指すなら、本当にプログラムが好きかどうかが重要です。現代で達人の域に達している技術者たちは、常にプログラムに関わっていたいと考えています。いつもプログラムを身近に感じ、現実の物事も情報技術の観点から眺められるようになれば、達人への道を歩み出したとも言えます。人に秀でたプログラミング技術者になるのは、簡単なことではありません。だからこそ、苦労しながらプログラミングの仕事に携わるよりは、楽しんでプログラミングを行う心構えの方が、仕事がうまくいきます。プログラムの魅力を感じ夢中になるのが、成長の手掛かりです。